クリーニング宅配|大阪でおすすめのサービス

宅配クリーニング大阪で利用するには、料金が良心的で、高品質な仕上がりのお店を選びましょう。

 

大阪で利用できる宅配クリーニング店は、じつはたくさんあるんです。
でも、中には、品質が悪かったり予想外のお値段になってしまったり、という苦情も出ています。
そんなことにならないためには、きちんとしたお店を選びたいですよね。
大阪で利用できる、安心の宅配クリーニング店はちゃんとありますよ!

 

お店をご紹介する前に、宅配クリーニングの基本の利用法をご説明しておきましょう。

宅配クリーニングの基本の利用法

  1. ネットで注文
  2. 衣類を詰める(段ボールか指定のバッグ)
  3. 宅配業者が集荷(またはコンビニ持ち込み)
  4. クリーニング店が検品し、料金決定
  5. 料金や配達日の確認メール
  6. 仕上がった衣類を宅配業者が配達


*お支払いはカード決済か代引きで清算

 

これなら家から一歩も出ずにクリーニングができますね!
でも、ここまで便利だと料金が気になるという人も多いと思いますが、最近の宅配クリーニングは価格もリーズナブルで、便利なサービスになっているんですよ。
忙しくて洋服のお手入れが後回しになってしまうという人は、ぜひ宅配クリーニングを利用してみて下さい。
家から一歩も出ずにクリーニングが出来たり、コンビニ持ち込みなら24時間いつでもクリーニングの依頼ができます。

大阪で利用できる宅配クリーニング店

いざ利用しようと思うと、ネットで検索してもいろいろなお店が出てくるので迷ってしまうかもしれません。
そこで安くて人気の宅配クリーニング店をランキングで紹介します。

 

オススメの宅配クリーニング店は、次の3つです。

リネット


普段使いのクリーニングならリネット

 

ワイシャツ 195円〜
スーツ上下 1,250円〜
セーター 440円〜
カーディガン 580円〜
ブラウス 480円〜
ジャケット 750円〜
ワンピース 930円〜
コート 1,700円〜
リネットの特徴

リネットは1点ずつの料金設定があるクリーニング店です。
宅配クリーニング専門会社ですが、有料のプレミアム会員になると最短2日仕上げが利用できるのが最大の特徴です。
1点ずつの料金も比較的安く、店舗型のクリーニング店と比較してもほぼ変わらない水準なので普段使いにも利用できるサービスです。

 

リネットのお得な利用法

リネットをお得に利用するには、月額324円のプレミアム会員に登録しましょう。
通常会員は往復送料が980円かかりますが、プレミアム会員になると税別2,400円以上の利用で送料が無料になります。

 

プレミアム会員は会費が有料(324円/月)になりますが、年会費プランなら3,600円分の割引が受けられる年間ケアパスが漏れなく付いてくるので会費も実質無料。
(ケアパスは税別400円×9回分なので、1年のうちに9回利用した場合です)

 

新規お申込みの場合は月会費プランが2ヶ月無料になるので、この間にリネットの使い心地を確かめて、気に入ったら年会費プランに変更するのが賢いやり方ですね。

 

リネットの品質

しみ抜きは無料、特に申告しなくても細かくチェックして自動的にシミ抜きしてもらえます。
万が一仕上がりに不満がある場合は、1週間以内であれば再仕上げ無料になっています。
オプション仕上げも多数用意されているので、用途に合わせてプラスすれば、大切な衣類を長く愛用できますね!

 

リネットのその他のサービス

靴、布団、保管のサービスもあります。

 

 

リナビス


おせっかい過ぎるサービスが人気です

 

5点コース

初回のみ
5,292円(4,900円+税)

 

2回目以降
7,560円(7,000円+税)

10点コース 10,584円(9,800円+税)
20点コース 19,224円(17,800円+税)
リナビスの特徴

老舗クリーニング店のベテラン職人が、手仕事で丁寧に仕上げてくれます。
他の宅配クリーニングではまず考えらえない毛玉取り衣類のほつれのお直しボタンの縫い付けまで頼んでないのに無料でしてくれる「おせっかいさ」が最大の特徴です。

 

手仕上げにこだわるからこそ、リナビスでは会員数を10,000名限定にしていて、公式サイトで現在の会員数が公開されています。

 

リナビスの品質

リナビスでは職人の目で最適な洗い方を判断して、デリケートな生地も傷めない洗い方を徹底しています。
乾燥機を使えばわずか15分で乾く衣類も原則すべて自然乾燥なので、乾燥に丸2日かけているそうです。
最新機械では出せない上質な手仕上げもリナビスの品質へのこだわりですね。
その他にも染み抜き無料、再仕上ももちろん無料です。

 

リナビスの料金

入会金と年会費は無料です。
コースは3種類しかなく、5点コースと10点コースと20点コースです。
衣類の種類に関係なく、例えばワイシャツ10着入れてもダウンコート10着入れても料金は同じ。
他のクリーニングでは高くなる厚手のコートやジャケットなどを多めに入れるとお得です。
ただしリアルファーや毛皮の襟などは1点としてカウントされます。

 

クリーニング宅配|大阪でおすすめのサービスをまとめました

 

リナビスのその他のサービス

リナビスでは通常のクリーニングをした後、最長6ヵ月間保管してもらえるサービスがあり、料金はなんと無料です。
他の宅配サービスでは1着あたり1,000円から2,000円が相場なので、保管を前提に考えている方にはとってもお得ですよね?

 

その他、布団のクリーニングもあり、1枚6,200円〜6枚19,900円(税抜き)とたくさん申し込む程お得になります。

 

 

せんたく便


格安クリーニングならせんたく便

 

最速5パック 3,879円(3,592円+税)
最速10パック 5,499円(5,092円+税)
最速5パックDX 4,959円(4,592円+税)
最速10パックDX 6,546円(6,092円+税)
せんたく便の特徴

せんたく便はパック料金制の宅配クリーニングで、最大の特徴はなんと言っても料金です。
宅配クリーニング業界ではおそらく最安値の水準です。
コースは4種類で、通常はダンボールに重ねて並べられて届きますが、DXにすると立体ハンガーボックスで届きますので輸送途中にできるシワが心配な方にも安心。
さらにオプションではっ水加工、花粉防止加工、防虫・防カビ加工、プラチナ加工(撥水+防虫・防カビ+リンス)などを追加することもできます。

 

せんたく便の品質

同じパック料金のリナビスと比較すると決していいとは言えませんが、滋賀県内で実店舗を経営する老舗クリーニング店が経営主体なので品質も全く問題ありません。
染み抜き無料で、再仕上も無料。
さらにオプションでプラスアルファの加工を選べますので、他店にはない付加価値を衣類にプラスできます。

 

せんたく便の格安料金

宅配クリーニング業界ではおそらく最安の料金設定と言って間違いないでしょう。
パック料金なので送料は無料、入会金や年会費もかかりません。
通常料金も2回目以降はリピート価格で各料金から一律315円安くなります。

 

せんたく便その他のサービス

通常のクリーニングの他に保管サービス、ふとんパック、コスプレパックもあります。
保管も点数パック制になっていて、クリーニング+保管料で5点6,242円〜30点19,202円まで最大11か月保管できます。
(専用の集荷キット代700円が別途必要)

 

 

どのクリーニング店も、それぞれ特徴がありますね。

 

リネットは1点ずつの料金が安く、日常的によく着るワイシャツやスーツ、ブラウスやスカートなどのクリーニングにピッタリです。
プレミアム会員になるとポイントがどんどんたまりクーポンももらえるので、いつでもお得に利用できます。
品質も定評があるので、普段からこまめにクリーニングを利用したい人におすすめです。

 

リナビスは料金がちょっと高めですが、細かいところまで気を配ってもらえるのが嬉しいところです。
ブランド物の衣類や大切な洋服を長く着たい方はリナビスが向いています。

 

 

せんたく便は、格安料金が魅力です。
出したい衣類が5点か10点たまったら、まとめて出して一気にキレイにしたいという人にピッタリです。

 

大阪で宅配クリーニングを利用するなら、この3つのお店がオススメです。
宅配なので、基本的には場所は関係なく利用できますから、用途に合わせて選んでみて下さい。
宅配クリーニングを上手に利用して、衣類はいつでも、着たい時に着られるようにしておきましょう!

 

宅配クリーニングで依頼できる衣類

いざ宅配クリーニングを利用しようと思って、衣類によっては実際に利用できるのか疑問に思うこともあると思います。
そこで宅配クリーニングで依頼できる衣類とその他の洗濯物についてまとめてみました。

 

取り扱い可能な衣類など

 

ワイシャツ・シャツ・ブラウス

ワイシャツとシャツの違いは、ネクタイをつけて着用するものがワイシャツでそれ以外はシャツになります。
ボタンダウンのシャツも一般的にはワイシャツに区分されます。
女性もののシャツはブラウスに区分されます(ボタンが左側)。
シャツやブラウスでシルクなどの上質素材が使われている場合は追加料金が発生する場合があります。

 

スーツ上下

スーツ(上)はジャケットとほぼ同じ料金、スーツ(下)はパンツと同じ料金に設定されているところが多いようです。
パック料金の宅配クリーニングではスーツは上下で2点とカウントします。
セットになっているベストも一緒に出す場合は3点ノカウントになります。

 

セーター・カーディガン

セーター・カーディガン・ニットジャケットなどで区分され料金はそれぞれ変わります。
また上質素材(カシミヤ・アンゴラ・モヘア・シルクなど)が30%以上含まれる場合は追加料金が必要になることがあります。

 

スカート

女性のスーツ(下)もスカートと同じ扱いで、裾がフレアになっているスカートはやや高くなります。
またレース・フリル・プリーツ・ラメ・スパンコールなどの特殊加工があると追加料金がかかることがあります。

 

ワンピース

一般的なワンピースやチュニックはこちらになります。
冠婚葬祭用のものはワンピースでも礼服扱いとなり別料金、パーティドレスも様々な加工があるのでドレス用の料金が適用されます。
ワンピースとドレスの主な違いは上質素材・装飾品・フリル・プリーツ・レースなどの有無で判断されるようです。
※ドレスは対象外としているサービスもあります

 

コート

コートとジャケットの違いは袖より着丈が長いものはコート、長くないものはジャケットと区分されています。
材質や形状にによってニット・キルティング・ダウン・ベンチに区分され、それぞれ料金が変わることが一般的。

 

コート類で特に注意したいのは付属品などによる追加料金です。
ファーやボアがついている場合は別料金、ライナー(取り外しが可能な裏地)も別料金。
コートの一部分が革素材でできている場合も追加料金が発生します。

 

パック料金の宅配クリーニングではこれらの付属品は一般的にカウントされません。
(ファーやライナーがついてても1点という数え方)
ですが毛皮製のフードやリアルファー(フェイクではないもの)はカウントされることが多いようです。

 

その他のアウター

ウィンドブレーカー、ポンチョ、ジャンパーなどもクリニーニングに出せます。
スキーウエアも上下やつなぎで料金が変わり、手袋もクリーニングOKです。

 

礼服・制服

礼服・学生服・白衣・ナース服・作業着・ドレスなどもOKです。
※急な入用に対応できないため、対象外としているサービスもあります

 

革・毛皮製品

スウェード・ムートン・あらゆる毛皮製の衣類もクリーニングに出せます。
毛皮の場合は毛皮のランクが設定されていて、ランクに応じて料金が細かく変わるようです。
※対象外としているサービスもあります

 

着物・浴衣

着物・浴衣はもちろんですが、肌着・帯・足袋なども一式クリーニングに出す事ができます。
パック料金の場合、浴衣などの帯は1点としてカウントされます。
※着物を対象外としているサービスもあります

 

こども服

サイズの表示が140cm以下のものを子供服として扱い、大人用の料金よりも比較的安く設定されています。
パック料金のクリーニングでは、同様に140cm以下の洋服は2着で1点としてカウントされています。

 

その他

寝具・クロス・はっぴ・ゼッケン・エプロン・ローブなども取り扱いされています。

 

その他の小物

ネクタイ・リボン・マフラー・スカーフ・ストール・ショール・ニット帽・ネックウォーマー・キャップ・ハンカチ・バスタオル・タオル・フェイスタオル・バンダナ・ナフキン・はちまきなどもクリーニングできます。

 

取り扱い対象外の衣類・または対象外になりやすいケース

以下のものやケースではクリーニングの取り扱いはできません。

  • ドライクリーニングも水洗いもできないもの
  • 洗濯表示がないもの
  • 穴やキズがひどいもの
  • 汚れや臭いがひどいもの
  • ペットの毛が大量についたもの(ペットが使用しているもの)
  • 濡れているもの
  • 水洗いできない帽子
  • 下着
  • 靴下・レギンス
  • 水着
  • おむつ
  • カーテン
  • カーペット
  • かばん
  • 風呂敷

 

宅配クリーニングに限らず、店舗型のクリーニングでもこれらのものは断られますね。
布団や寝具類は基本的にクリーニングとしては取り扱い対象外ですが、関連サービスとして取り扱っていることが多いです。